ブログ2019.02.06

スペイン対ブラジル

木暮賢一郎

 みなさんこんばんは。タイ遠征を無事に終え帰国しました。この期間はFIFAのAマッチデイということで世界でも親善試合が行われていました。中でも1番注目度が高かったのがスペイン対ブラジルでした。結果は1試合目が2-2で2試合目が1-3でした。
 試合を観て感慨深い事が1つありました。1つは歴代の代表選手と監督が表彰されていたのですが、現役時代のチームメートや対戦した選手達が画面に映っていたこと。2つ目はスペイン代表監督が私をスペインに連れて行ってくれたフェデであることです。
 彼はその当時現役選手を終え2部のバレンシアというチームのスポーツダイレクターをしていました。そこでスペインフットサルのイロハに触れ、その2年後にはブハランセというチームで監督と選手という立場で一緒に仕事をしました。2012年のワールドカップでは彼は代表コーチで私は代表のキャプテンを務めていましたが、その時に指導者への道を考えている事を相談しました。
 10年以上前ですが彼から学んだことは沢山ありますし、今でも役に立つことばかりです。試合の画面を通して色々なことを思い出しました。2020年のワールドカップで再会出来るよう1日1日を大切に過ごしていきたいです。

木暮賢一郎

日本フットサル界の第一人者として、世界最高リーグであるフットサルスペインリーグに日本人初としてプレー、日本代表としてW杯3大会出場、アジア選手権10大会出場、アジア年間最優秀選手受賞、アジア選手権大会MVP2回、得点王1回、日本人として唯一の世界選抜選出など、10年以上に渡り、名実共に日本フットサル界を牽引。現在はフットサル男子日本代表コーチ、女子代表監督を務める。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ