ブログ2019.06.21

日本のフットサルシューズ事情。

しゅう太郎

デスタッキから考察する市場動向

日本で一番ポピュラーなサルシューといえば!?
そう、多くの方がアシックスの「デスタッキ」シリーズを思い浮かべますよね。

競技フットサルチームに必ず着用者が1人以上いるといっても過言では無いシューズです。

そんなデスタッキの現行モデルは「デスタッキFF」。
シリーズの7代目トップモデルです。

A932959A-C078-4304-B320-1F8CE6930496
アシックス社製 デスタッキFF

ミッドソールには新たに軽量性と耐久性に優れた「CPS Flyte Foam」を採用。
陸上シューズを扱うメーカーだからこそ実現できた機能です。

アッパー前足部のカンガルーはステッチ(縫い目)がほぼ無く、
表皮部に硬化プリントを施すことで、 より高いフィット性と伸び止めの向上を実現しています。

25720750-5DEA-453A-86B1-D38B1A57904B
デスタッキFFでは縫い目の少ないアッパーを使用。

ここまでの特徴を見ると、これまでのシリーズと比べて機能が一新されている様に感じます。

しかしながら、このシューズのリニューアルした他の部分の構造や経緯、
同メーカーの現在のサルシューのラインナップを見返してみると、ある事実に気が付きます。

デスタッキFFでは、これまでのシリーズに搭載されていたシューズ内部の緩衝材が無くなっており、踵周りの作りもシンプルな設計に簡易化されています。
デスタッキJシリーズでは起毛素材、デスタッキKシリーズではフカフカのPHFフォームが踵周りに採用されていました。
これまでのデスタッキ愛用者もFFになってから足に合わない!という声をよく耳にします。

前作のデスタッキ6シリーズを振り返る

ここで前作のデスタッキ6シリーズを振り返ってみましょう。

前作は以下の3モデルが展開されていました。

•デスタッキ6K
•デスタッキ6J
•デスタッキ6J-wide

7180F8A6-6036-43C4-88EB-31F4255EE575
素足感覚のボールタッチを重視したデスタッキ6K
0B5937A4-74F5-482C-8A72-3DA5D0426DB6
がっしりとした作りで安定性を重視したデスタッキ6J
9CAF3827-D6E7-4234-A6C4-BBD1D05E3883
幅広モデルのデスタッキ6J-wide

そう、3種類の中から自分の好みに合ったシューズをチョイスする事が出来たのですが、
7代目のデスタッキFFになってからはKとJが統一され、幅広モデルもラインナップから消えてしまいました。

事情上、現行のデスタッキは色は選べれど1種類のみ、
足に合わなければ他のシューズに移行せざるを得ない状況になっているのです。

隠れて人気だったカルチェットシリーズ

カルチェットシリーズがお好きな方も多かったのではないでしょうか。
私も実際デスタッキよりカルチェットの方が好みでした。

ここで最新のカルチェットシリーズのラインナップを見てみると、またある事実に気が付きます。

「ワイドモデルしか無い!」

980F3875-40A1-491F-ABE8-9AFEC5EEF317
現行モデルのカルチェットWD8

私は幅広では無い方のカルチェットが好みでした。

DEB8F7F1-DB6B-4783-A0AB-F0AD82813B20
カルチェットFS3 LE
FF583033-0E3D-4254-800C-B509A85B8EA2
カルチェットFS3

現状のラインナップからは、
「幅広でない人はデスタッキFF、幅広な人はカルチェットWD履いてね〜」という風に読み取れます。

これはいわゆる、企業としての合理化を図ったのではないでしょうか。

私が声を大にして言いたいのは、この合理化が

多くの選手に愛されていた=数あるサルシューの中でも売れていた

アシックスのシューズで行われた、という事です。
まぁ、背景にはヴィッセル神戸に加入したイニエスタ選手のシグネチャーモデルを作ったり、サッカースパイクにより一層力を入れていた事も考えられますが。

6C894675-1800-4BE8-9BE2-C31A7DC1F373
イニエスタ選手着用スパイク DS LIGHT X-FLY4

プーマのフットサル事業からの撤退

これは有名な話ですが、数年前まで全日本フットサル選手権のスポンサーであったプーマがフットサル事業からほぼ撤退しています。

これに伴い、広告塔として代表的存在だった森岡薫選手、イゴール選手をはじめとした各選手へのシューズの提供もストップ。

プーマやアシックスといった大手スポーツメーカーが市場から撤退、もしくは規模を縮小しているのがフットサルシューズ業界の現状です。

でもそんな中、フットサルシューズの開発に力を入れ続けているブランドも存在します。

今後はそういったブランドのシューズも積極的に紹介していきたいと思います。

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

個人の方はもちろん、こんな製品を紹介して欲しい、といった企業様からの問い合わせもお待ちしております。

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ