ブログ2019.07.01

Activital アクティバイタル フットサポーター。

しゅう太郎

話題沸騰中の高機能フットサポーター

6C5C7F02-FB4F-4D1B-A94B-02B0ABF56477

今回は高機能フットサポーターActivitalを、
アクティバイタルファミリーの一員として考察したいと思います!

82DE00C0-CA5A-4480-A739-B72EFF3E5618
私も絶賛愛用中!!

アクティバイタルとは

image
よく見ると部位によって編み方が異なります。

アクティバイタルは部位によって編み方を下記の3種類に分けた構造のフットサポーターとなっています。

①弱圧編み
②中圧編み
③強圧編み

image
足指は足袋の形状

足の指の部分と踵の部分については敢えて自由が効く様に
締め付けを殆ど感じない編み方(弱圧編み)となっています。

足指の自由は必要ですよね。

image

足の甲辺りから外側にかけての部分にはテーピング&サポーター機能を兼ね備える編み方(強圧編み)を採用。
足指を引き上げる事によって足首を安定させます。

テーピングを巻いた様な感覚です。
テーピングとの併用も勿論可能です。
足首に不安を抱えている方にオススメのフットサポーターです!!

より詳細な機能説明は下記の画像をご覧ください。笑

42F29E1A-EDBD-47B6-A50C-6C3F4F80C9B4
A0806CAE-C2C9-4125-888C-743A244E5576
A974A065-1116-47FF-A0D0-5014C4F58A7B
545DC6D7-C328-409A-9B9F-7A125E71D511
284B42DC-7A22-499C-A0D7-4CE325147B93
前サッカー日本代表アスレティックトレーナーの久保田先生も推奨!!
B9D8E432-DB9E-46BF-BDF3-290C5ADB43FB

アクティバイタルの足裏にはゴリラグリップという樹脂の様な素材の滑り止めが適所に配置されています。
滑り止め効果は10段階評価の7くらい。個人的には滑り止め機能のあるインソールとの併用をオススメします。

私が愛用しているアシックス製のスピーバとの相性も良いです。
この組み合わせで、シューズ内で足がブレる事が殆ど無くなりました。

image
「超立体」アクティバイタル×スピーバ
8243E7F1-2C31-48C2-8F17-A7DF1378D59F
黒のアクティバイタル×NIKE ルナガト

アクティバイタルのサイズ展開は
XS(19.0cm〜22.0cm)
S-M(22.5cm〜25.5cm)
L-LL(26.0cm〜29.0cm)

上記の3サイズ展開となっています。
ちなみに私は25.5cmのシューズを主に履いていますが、
S-Mサイズで少しキツめのサイズ感です。
もう1つ大きいL-LLを選択してしまうと、緩くなってしまい アクティバイタルの売りであるテーピング機能が薄れてしまう可能性が高いです。

丁度サイズの中間くらいで迷われている方は、
小さい方のサイズを購入される事をオススメします。

image
弱圧編みの部分の素材は厚め

また、弱圧編みとなっている足指部分と踵部分は厚めの素材が使用されており、シューズのサイズ感がきつい方向に変わってくるので注意が必要です。

これだけの機能を備えながら価格は1600円程度。

他の高機能ソックスと比較してもかなり安い価格設定となっています。
実はテーピング機能や滑り止め機能以外に気に入っている部分があります。

それは「通気性」です。

これまで私が愛用してきたTRUSOXは足裏がムレてしまうのが気になるのですが、アクティバイタルは快適に着用する事ができています!

Jリーガーも着用

41316089-5B24-4F93-9F9A-44961225C05C
7E28E45A-A14F-42B7-A6CE-29F7AFB6115E

先日の名古屋グランパス戦でゴールを決めた
ヴィッセル神戸の小川慶治朗選手もアクティバイタルを着用しています。

FリーガーのみならずJリーガーにもアクティバイタルを愛用されている選手が増えています!

数多くのプロ選手が履いているアクティバイタルですが、
私の様な一般のプレイヤーの方々にも是非一度お試し頂きたいです。

もっと広がれ!
アクティバイタル!!

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ