ブログ2019.08.16

ATHLETA O-Rei Futsal Arthur。

しゅう太郎

Fリーガー着用率3年連続No1モデル!!

8B0A230B-27D6-4372-AA75-4CF619A0DECB

今回はアスレタのO-Rei Futsal Arthur(アルトゥール)というシューズについて考察をしたいと思います。

前回購入したロドリゴが中々好印象でしたので、同じアスレタで最も人気の高いアルトゥールも試さずにはいられなくなりました。

Fリーグでも今年含めて3年連続でNo1の着用実績を誇ります。

地域リーグでも使用率が高まってきており、今年6月の関東リーグのとある節のデータでは2位との事でした。

※いずれもメーカー調べ

4086C3B4-B099-4500-8526-ACD8213D5191

アルトゥールのシューズ前足部のソールの厚さはミッドソールから計測して1.3cm程度となりロドリゴとほぼ同じ厚さです。

312B466B-4902-4C09-8BC3-F79E9A6E61CC

アルトゥールの重量は218g(25.5cm片足、インソール抜き)です。

同じサイズでロドリゴは220gでしたので、両モデルで重量の差は殆どありません。

このアルトゥールは17年の春夏から登場したモデルですが、(最初はファルカンという名称でした)着用選手の意見を取り入れて見えない部分でも改良を重ねた結果、信頼を得て多くの選手に愛されるモデルとなりました。

76C6D374-C697-404C-9842-80A43F20C4BC

アッパーはしなやかで足馴染みの良いマイクロファイバー(人工皮革)を採用。

もう1つのトップモデルのロドリゴにも同じ厚さのマイクロファイバーが採用されています。

触った感じではこのアルトゥールの方が厚みのある感触でしたが、実際にはロドリゴと同じ厚さの素材が使用されています。

EF819C6F-A1CB-45BC-A30F-46A09F80A406

ロドリゴと同様、実際触ってみるとフニャフニャで柔らかく、
薄めの素材であることが分かります。

87B8C442-A836-4C89-B2E0-1E09CCC7A5D3

シューズ内部にはスウェードのライニングを採用。
プレー中の足のブレを抑制します。

B1BE28F5-9AAD-4193-ACA5-409C4DE10EE6

インソールはロドリゴと同じ表面に滑り止め加工の施されたものが標準装備されています。

薄型かつ十分なグリップ性が特徴のインソールです。

4C342A96-36A1-4F3A-B0BC-BC1F0D0B0466

シューレースはパワーホールド仕様。
アシックスのデスタッキ等に採用されているものと同じです。

そして黄色いループテープが4箇所に配置されていますが、ロドリゴの様なシューレースと連動して締め付ける様な仕様ではありません。

E5835C18-B8A2-484D-9661-0174AC1528E9

シューズ先端部にはアッパーと同じマイクロファイバー素材のトゥーガードが採用されています。

範囲が広く、巻き上がる設計によって前足部を広く包み込み
ブレを防止、ホールド性を向上させています。

CF793D10-AE86-4C78-B5BB-8B548AA972F6

ヒールカップもしっかりとした作りです。
ロドリゴの方がインサイド部分のヒールカウンターが付いているという事もあり、強固な作りと感じます。

AEDAD7C8-FD0C-4A8C-84AD-138B3ACB2941

踵部分のミッドソール(クッションの部分)については二分割しており、硬度を変えて配置してあります。
この構造により踵の安定性を高め、一番クッションの高い部分で衝撃を緩衝出来る構造になっています。

8A9C2B57-371B-4471-9290-B2F1534D8AB1
413931E2-4BB6-4A45-9B0A-219934FA62DD

ソールについてもロドリゴと違うタイプのものが採用されています。
ソールのエッジを極力なくし、丸く作られているのが分かります。
色々な足の着き方(着地や踏み込み)をしても、高いグリップ性を発揮する事を意図して設計されています。

1118D52A-E6D8-4E18-95D3-4191588F6613

レビューはまた後日に掲載させて頂きます。

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ