ブログ2020.09.05

デスポルチ新作 カンピーナスJP PRO1

しゅう太郎

シリーズ初の「PRO」モデルが登場!!

F18553B4-2DF2-4E07-8EFB-1F1C0066D929

2020年9月デスポルチより新作シューズ、
カンピーナスJP PRO1が発売されました。
この「PRO」とは、プロフェッショナル仕様を意味します。

メーカーの提案により契約トップ選手が着用していた特注仕様のシューズが一般販売される事になりました!

そこで今回は通常モデルとどう違うのか、
「PRO」仕様の3つの特徴を考察していきます!

FEE01F2D-49D5-44E1-B2EE-3EFC541EAC6D
ヒールのモデル名にはプロフェッショナル仕様を表す「PRO」の文字が

PRO仕様その①:ニット素材のライニング

D5562A91-5A45-4122-9347-7D2776EA01CF

PRO仕様の特徴の1つは、銀色のディンプル調のニット素材のライニング。

従来の上級モデルのライニングには人工スウェードが採用されていました。

ABD85203-850A-4DDF-B56E-80408CFBE281
スウェードの従来仕様(左)、ニット素材のPRO仕様(右)

人工のスウェードはシューズの中で滑りにくく、
多くの選手に好まれていますが、人によっては滑らない事によって生じる踵の靴ズレ、また水分を吸いやすい素材のため汗で重くなる事を不快に思う方もいます。

今回のPRO仕様に採用のニットは汗を吸わず、粘り気のある柔軟性に優れた素材。

発汗によるシューズ重量の増加を防ぎ、また優しく足を包み込む事で靴ズレの防止の機能を両立させています。

PRO仕様その②:シューズ内部の緩衝材「NanNex」

9956BC70-3867-4E31-AAC0-5B89F2E3D44E

またPRO仕様はシューズ内部の緩衝材がNanNexという白色の素材に変更されています。

NanNexの素材はGEL状のシリコーンフォーム。
温度依存せずに真冬の寒い時期でも効果を発揮し衝撃吸収、へたり難さにも優れた高級素材です。

D720950E-2152-4935-9C8A-AE2231A35A05
従来仕様のPORON(上)、PRO仕様のNanNex(下)

従来のモデルに入っていたPORONも勿論良い素材ですが、温度依存する性質の素材のため、冬の寒い時期に履くとシューズの中が暖まるまで足の裏が硬い感覚がありました。

ですので私も真冬にはこのPORON搭載のシューズを着用するのを避けていた事実があります。。

実は一部のモデルで既にこのシリコンフォームが搭載されていたので、この素材の素晴らしさは十分分かっているのですが 言葉では伝わりにくいので簡単な検証を。

990A95A7-3738-4672-AFE0-33856C6E00DB
+ドライバーを軽く押し当て、離すと
B393D743-36B4-4703-9AAD-4969132A3BD7
ドライバーの跡は残っていません

NanNexでは十字の跡が付く事なく、ドライバーを離した瞬間に元に戻ります。

一方のPORONで同じ事を行うと、、

9C021AC6-E454-4497-95F4-AB1547B8BD88
+ドライバーを軽く押し当て、離すと
0764E38F-2399-4D62-94DC-6E370A3B36C0
ドライバーの跡が残りました
8A1AD317-56C3-4E30-8FE3-4C292D347F10
十字の跡が消えるまでに要した時間

ドライバーの跡が付いたまま、およそ1分19秒かかってようやく元に戻りました。

今回この検証を行ったのは、PORON搭載のシューズを履いていた中で、負荷がかかり緩衝材が沈んだ後に直ぐに戻ってこない足裏の感覚がありましたが、PRO仕様のNanNex搭載のシューズではそれが無かった。
その感覚をどうしてもお伝えしたかったのです。。

PRO仕様その③:30%強度アップしたヒールカップ素材

0C384FD4-469C-4B90-ADBE-66167315DAA3

最後のPRO仕様の特徴は、従来モデルに比べて30%強度を高めたヒールカップ。
ここは見た目では分からない部分です。

27EBA38E-BC01-4D4F-B370-0DE75B261B62
7E74298C-A38A-4266-902D-4F8E2DAE1CC2

見た目では違いは分からないですが、
触ってみると確かに強固になっており踵の安定性を向上させています。

強度アップによる靴ズレが懸念されますが、その為のニット素材のライニング!!

ヒールカップを固くしても絶妙なバランスを保っている様に感じます。

従来通りの人工スウェードのままヒールカップの強度を高めると、、靴ズレが発生しやすくなるのは容易に想像できます。

実際の着用レポートは次回!

6FC7B349-3C04-462B-B3F9-6BE888E43A44

今回のカンピーナスJP PRO1は普段のデスポルチのシューズと同じ25.5cmでOKでした。

早速来週の練習で着用しますので、着用感等は次回レポートさせて頂きます!

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ