ブログ2019.07.06

MUNICH Continental。

しゅう太郎

MUNICHの代表作

AFB27798-BC1B-41A8-B048-06AE97E35EAD
MUNICH コンティネンタル(インドネシア産)

今回はMUNICHのコンティネンタルというシューズについて考察をしたいと思います。

MUNICHというブランドについては先日ご紹介をさせて頂きましたが、スペインリーグでは着用者のうち9割がこのコンティネンタルを履いているといっても過言では無い、ブランドを象徴するモデルです。

実はこのカラー、何十年前から発売され続けています。(正確には産地がスペインからインドネシアに変わったり、マイナーチェンジはありますが)
そういった経緯から白×青のコンティネンタルはOGカラーと呼ばれています。

サイズ展開はEU36(24cm程度)からEU46(30.6cm程度)と幅広く展開。OGの名に相応しく、現行のトップモデルでは唯一このカラーのみ小さいサイズ(EU36〜EU38)がラインナップされています。

MUNICHは基本的にEU39(26cm程度)以上が大人用モデルとして設定されており、EU38(25.3cm程度)以下が子供用の扱いです。
ちなみに私はEU38をきつめに履いています。

ひと昔はEU38以下でも他カラーでコンティネンタルのトップモデルの扱いがありましたが、今となっては。。

MUNICH本社にはサイズ展開の見直しをして頂きたいですね。

コンティネンタルのスペック

CE17BC1E-6471-4C82-B786-3586A7733609
非常に厚いソールが特徴。

何と言っても厚底のソールが目を引きます。

このソールはMUNICHの多くのモデルに共通して採用されています。
厚さは約2cm。一般的なシューズの倍近くあります。

B72F8644-DFFF-47AE-A32D-3CF3CEAF80EA

コンティネンタルの重量は290g(EU38片足)です。
他のシューズに比べかなり重めです。

軽量シューズが好きな方には向いていないですね。

01D86AAE-3121-47B5-906D-7CF064A08E11

インソールは特筆すべき機能のないものが標準装備されています。
そのまま着用すると足が滑る為、
違うインソールに替える事をオススメします。

DE6C83BA-F5C8-4AE7-A2CD-735AEEF78D8A

アッパーに自然な履き心地の天然皮革(カンガルーレザー)を採用。

つま先部分には快適な履き心地を実現するためパッド入りの素材を搭載。

ステッチの少ないシームレスな構造により、ボールとの接触面が広がり正確なボールコントロールを実現しています。

実は産地によってカンガルーレザーの質が全く違います。(後日インドネシア産とスペイン産の違いを掲載予定です)

現行のインドネシア産は、少し硬めでしっかりとした感触。

この硬さはつま先部分に内蔵のパッドに起因すると感じます。

F0012620-434E-44C1-9002-0CE851531F0C
つま先には銀色の補強パッドが採用

シューレースはスニーカーでよく見かける太めのタイプで、 少し解けやすいです。
シューレースも別のものにチェンジするのがベターです。

7D02BFAA-E8AB-4B63-839E-0DBA034AD32C

ライニングにはメッシュ素材を採用。
滑りやすい素材のため、インソールやソックスを滑り止め機能のあるタイプのものに変更して着用される事をオススメします。

265F196D-28FD-44F9-BC0C-A3DB65D970B0

踵の内部のヒールカップには強固な素材を使用し、安定感をもたらします。

赤色のラインは樹脂の様な素材で出来ています。

930D5FE7-AC3D-475B-8E42-5204C4166725

ゴム製のアウトソールの上に二重層のミッドソールを最も負荷のかかる場所に配置する事により、 快適な履き心地をサポート。

アウトソールは地面に対し巻き上げる様に設計されている事でキック時の安定性を向上させます。
表面はタコの吸盤の様な形状となっています。

履き心地

EEF6A366-181D-407F-8DAE-16FD7144A1E1
数ヶ月使用している私のコンティネンタル

ここからは実際に使用した感想を。

その前にいくつかカスタマイズした点を紹介します。

ED496316-CDA3-413B-B860-676E19CF02E4

シューレースは太い解けやすいものから、
アシックスのパワーホールドシューレースに変更。

解け難く、かなりきっちりと締め上げる事ができます。

376DF64B-C402-449B-8B37-376254EDCF0D

インソールもアシックスの滑り止め機能とクッション性を兼ね備えたスピーバに変更しています。

896800A4-1666-4217-85C1-52B20D09023C

そしてメッシュベースの滑りやすいヒールライニングは、

すり切れボーエー帯という起毛素材の踵補強のシールを貼る事により、滑り難くしています。

このアイテム、かなりオススメです。
値段も1足分400円程度。

ただ、このシールを貼る事によりサイズが少しキツくなるので注意が必要です。

938A8D34-CFBF-477F-A489-F4315CD8D105

ラストは標準〜やや狭めです。
シームレスな厚めのカンガルーがピタッと足に沿う様にフィットします。

好みの問題ですが、つま先に内蔵のパッドは正直必要無いかと。

保形性はあるものの、硬さによる違和感が生じています。
足馴染みもこのパッドが無ければ更に良かったかも。

30C06F80-A64E-41D6-BA1B-E310730B006A
9F4D11DB-B7DA-4C9C-B511-0F8D44C20929

ソールは厚底ですが、屈曲性に問題はありません。

足裏でのボールコントロールは少し慣れが必要ですね。

頑丈なヒールカップ+厚めで横にブレにくく設計されたソールにより、
しっかりと安定した状態でボールを蹴る事が出来ます。

シームレスなアッパーのコンティネンタルならではの蹴り心地、インパクト性が気に入っています。

F486841D-7DB1-4D41-AAFB-0D3F784BE15D
コンティネンタル×アクティバイタル
FA0CAA16-ED77-4B6A-B7EC-B7861908D7AF

2層構造のミッドソールによりクッション性も非常に高く
履いていて疲れにくいシューズです。

一見スニーカーの様な見た目ですが、グリップ性も上々で
問題なく競技用シューズとして使えます。

AE4F41A7-B2D2-4C17-92A0-D3A9CA7F374F

MUNICHを履いてみたい!
という方には是非このコンティネンタルから試して頂きたいですね。

私はもうこのシューズの安定感、蹴り心地の虜です!!

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ