ブログ2019.07.10

NIKE REACT LEGEND 8 PRO IC。

しゅう太郎

NIKEのティエンポシリーズ最新作!!

C44FD5CC-8BC2-441F-A176-EABCE7649187

今回はNIKEの最新作、REACT LEGEND 8 PRO ICについての考察です。

定価は1万5125円。
このホワイトのカラーは国内未発売です。

931B9A99-8FFC-47F7-A5E0-2573A2AF6926

アッパーにはカーフレザー(牛革)を採用。

ダイヤモンド形の3Dテクスチャー加工が施されており
繊細なボールタッチを実現します。

A0C282C8-F0B9-4882-A378-ED8F10B71D31

このカーフレザー、厚い割にモチモチで柔らかく、
かなり自分好みの素材です。
ただステッチ(縫い目)のないアッパーなので、
どの程度伸びるのかは要注目です。

43B93228-24F2-4E54-83D7-B112BA6EFBC8

インソールはシューズに元々接着されているタイプですが、 自分の手で簡単に剥がすことができます。

特筆すべき機能の無いインソールなので、
いつも通り自分の好みのインソールに取り替えようと思います。

C64B2903-AE8A-4012-9C92-CDBBF47CD958

シュータンの内部にはゴムバンドが搭載されており、
シュータンがズレる心配は無用。

490744D1-5E49-4BA9-B887-611B7E420B44

ソールの厚さは1.4cm程度。
標準〜やや薄いものです。

9FC94DE5-914A-4AB4-BF87-581706B23570

シューズの重量は25.5cm片足で232g。 フットサルシューズの中では軽量モデルに分類されるかと。

60BAEFC9-D58D-4C96-8339-4A2084E43EE1

ライニングはメッシュ素材が採用され、滑り止めの機能は備わっていません。

9B187BFE-13B6-40B5-B792-35449FCF4FCB

つま先部分は前作までのスウェードのトゥーガードではなく、
ルナガトと同様のザラザラとしたラバーコーティングが施されており耐久性を向上させています。

私は切り替えした際に足が痛くなる原因となりやすいトゥーガードが好きでは無いので、今回の改良はかなり嬉しかったです。

32094DCD-C2A5-4618-9AF7-314780441BD5

踵内部には硬めのヒールカップが内蔵されており、
表面はメッシュの様な素材です。

そして今回のモデルからルナロンではなくリアクトフォームがミッドソールに採用されています。

リアクトフォームについてはファントムビジョンプロに次いで2足目ですが、ファントムビジョンでは範囲が狭く正直よく分からなかったので、踵から中足部までリアクトフォームが採用されている点は要チェックです。

F9D44733-B5AF-443F-8A96-436A7F3373FE

アウトソールも完全新作です。

グレー色のため、色の指定がされている公式戦では着用不可です。

8CB80C61-F3EE-447F-B083-EF9665420405

アウトソールの表面はICモデルですが少しトゲトゲしています。

人工芝でインドアモデルを好んで履かれる方には丁度良いのでは?と感じました。

実際に使用してみた

967359E0-7A1F-4F3C-8580-5D5F0E9E4947
8ABFEFE1-A48D-49CB-873B-0B65EAA0E37C

インソールはお気に入りのアシックスのスピーバ3D。
もちろんフットサポーターのアクティバイタルを履いて着用。

サイズはいつも通りの25.5cmをチョイスしましたが、
ジャストサイズでした。

シュータンがフカフカで分厚めのメッシュ素材のため、
履き始めは甲に多少の圧迫感がありましたが、
プレーしていくうちに気にならない程度になりました。

308E69FA-7920-4E1C-8904-E7EC5009B234

牛革とは思えない様な柔らかさで、足入れ感も良好。
ノンストレスでフワフワしたフィット感が非常に心地良いです。履いてて気持ち良い!!

その一方で、ホールド性を求め常にタイトに履きたい方には向いていないシューズかもしれません。

5147BA5F-4A70-4930-BA06-C6ABAF5765B5
408C3032-FDB6-41B4-88B9-944CEF249328

アッパーに多少の厚みがあるのに関わらず、何の違和感も無い柔らかなレザーによるボールタッチ、蹴り心地はかなり気に入りました。

インサイドキックもかなり蹴りやすいです。

053006F4-0D25-489A-9907-80448328B990

これは個人的な好みですが、シュータンが少し長めなのが気に入ってます。

402C3DAE-1DE0-4DBF-ACC9-D875753E0F8B

踵のホールド感は滑りやすいメッシュ素材が影響しマイルドめです。

以前ご紹介したすり切れボーエー帯の貼り付けを検討中です。

B0643FB1-480A-47B3-B959-6703D7C33BB8

そして今回の目玉、リアクトフォーム。

こちらもアッパーと同様にかなり柔らか、フカフカ。

23E3D187-AEBC-48C7-86DB-58071BAF7167
リアクトvsルナロン

リアクトは柔らかでフカフカなクッション性であるのに対し、

ルナガト等に搭載のルナロンは硬めで反発性がある印象。

どちらもクッション性は抜群です。

4FC72210-AD09-477D-9BEA-7161124B47E1

ただし今回のリアクトレジェンドはソール前足部が薄めの設計のため、
足の負担をより軽減できるのは前足部までソールが厚いルナガトの方かと感じます。

疲れにくさを考えると、他のシューズを履きたいと思ってしまいますね。

8CB80C61-F3EE-447F-B083-EF9665420405

前述しましたが、問題はアウトソール表面。

インドアシューズであるのにも関わず、
かなりトゲトゲした形状で、まるで良い感じに磨り減ったTFシューズを体育館で履いている感じ。

インドアシューズ特有の「キュッ、キュッ」というグリップ性は感じられません。

正直なところ、アウトソール表面は前作のままで良かったかなと。

BF33A1C4-5316-493D-8355-521623F7E268
前作のアウトソール(モデルは別モデル)
1AA79C3C-9050-491D-BE1A-109FB33980E3

総括すると、柔らかくて分厚いアッパー、リアクトフォームがもたらすシューズのフカフカなフィット感、ボールの蹴り心地、踵のクッション性が素晴らしかった分、
インドアコートを中心にプレーする自分にとってはソールの表面のトゲトゲが残念すぎるシューズでした。。

ん〜、惜しい!笑

ご質問、お問い合わせはTwitterよりお気軽にどうぞ!

https://twitter.com/shusal1

しゅう太郎

しゅう太郎

フットサルシューズをこよなく愛する大阪生まれのサラリーマン兼競技フットサラー。
国内外から様々なシューズを取り寄せてはボールを蹴る事を生き甲斐としている。
競技者の視点に沿ったシューズ記事を広める事により、停滞気味にあるフットサルシューズや関連用品の市場活性化に貢献したい。

みんサルブロガー

最新コラム

一覧へ