今さら聞けないフットサル用語集[フットサルのルール解説]

基礎知識|2019.09.10

今さら聞けないフットサル用語集[フットサルのルール解説]

今回の「フットサルのルール解説」は、初心者必見のフットサルの基礎用語について紹介します。[エフスポ提供]

  • ルール・マナー
  • 初心者

フットサルを日頃からプレーしている中で、フットサル特有の聞き慣れない言葉が多々あると思います。 特に、スペイン語やポルトガル語のポジション名や動き方を表す言葉など、今まで何となく聞き流して分かったふりをしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

また、これからフットサルを始める上でも覚えておくべき用語がありますので、是非参考にしてみてください。

167 (2)

ポジションの名前

ゴレイロ

ゴールキーパー。

フィクソ(別名:ベッキ)

フィールドプレーヤーのうち、最も低い守備的なポジション。舵取り役。

アラ(右サイド:アラ・ジレイト、左サイド:アラ・エスケルド)

フィールドプレーヤーのうち、攻守に走る中盤のポジション。
サッカーでいうミッドフィルダー。

ピヴォ

フィールドプレーヤーのうち、最も前線のポジション。サッカーでいうフォワード。


ルール

ゴールクリアランス

サッカーでいうゴールキック。フットサルでは手によるスローで再開します。

バックパス(別名:リターンパス)

この呼び方は、違反を一言で示す通称。ゴレイロの自陣内でのプレーに制限があります。
ゴレイロは一度ボールをプレーしたら、相手チームの選手がボールに触れるまでは、自陣内ではボールに触れることができません。

5ファウル

サッカーとは違い、前後半それぞれ直接フリーキックに該当するファウルが5つまでは通常のフリーキックが行われますが、チームファウル6つからは第2PKマークからのPKになります。

4秒ルール

試合を再開する際に時間制限が設けられています。キックイン、コーナーキック、フリーキック、ゴールクリアランスは、すべて4秒以内に行わなければなりません。違反すると相手ボールとなります。


戦術や動き方

無数にありますので、ここでは一般的なものをご紹介します。

パラレラ

パラと呼ばれることが多い。「平行」という意味。サイドの味方にパスをした後、縦のスペースを使うためにサイドラインと平行にパスを受ける動き。

ジャゴナウ

「斜め」「対角線」という意味。サイドの味方にパスをした後、中央に走ると見せかけ、ボールと逆サイドのスペースに抜ける動き。この斜めに抜ける時には、バックステップでボールに体を向けパスを受けやすい体勢で動きます。

ファー詰め

ボールの位置から遠い側のゴールポストにポジションを取り、シュートもしくはパスを押し込む形で得点を狙うこと。

セグンド

セグンドはポルトガル語で「2番目」。ここでは手前から2つめのポストという意味。


いかがでしたか?聞いたことはあったけど、意味を知らない言葉はありましたでしょうか?

よく使われる言葉を紹介させていただきましたが、まだまだ戦術の数だけ言葉が存在します。 これらの言葉を知っておけば日頃のフットサルでは問題ないと思います。 これを機に、フットサル特有の戦術を調べて、自身のチームへ取り入れてみてはいかがでしょうか。

掲載協力:エフスポ

fspo (1)

最新コラム

一覧へ