基礎知識|2019.04.17

フットサルで良く言われるバックパスってなに?

埼玉県を中心に個サルやフットサル大会を開催している「エフスポ」さんにご協力いただき、「フットサルのルール解説」について定期的に紹介していきます。今回は、サッカーとは認識が違うルールのバックパス。ゴレイロ(サッカーでいうキーパー)がボールを触るのには制限があるのは知っていますか?フットサル特有のルールを説明します。[エフスポ提供]

  • ルール・マナー

バックパス

190417 (2)

バックパス!試合中に叫んだことはないでしょうか?
バックパスと呼ばれる違反の競技規則の条文はこちらです。

ボールをプレーしたのち、相手競技者がプレー、または触れていないにもかかわらず、ピッチの自分自身のハーフ内で、味方競技者によって意図的にゴールキーパーに向けてプレーされたボールに再び触れる。

こうして、まじまじと競技規則の文言を目にすることは、少ないのではないでしょうか? よく読むと、文章中に”意図的に”とあるように、味方に意図がなければ、相手競技者が触れていなくてもバックパスにはなりません。しかし、明らかに意図してキーパーにパスをしていなくても、バックパスと判定されてしまうケースがあります。 これは”意図的に”の解釈にあります。さらに詳しく知りたいと思っていただいた方は是非一緒に審判しませんか?

余談ですが、よく大会で耳にするバックパスというルール。 本来は、味方からのパスをキーパーが手や腕で受け取った場合の反則の通称なのです。 俗に言う、バックパスは通称リターンパスと呼び、反則を区別します。 今まで「バックパス!」と叫んでいたところを、「リターンパス!」と言うだけで、周りから通だなと一目置かれるかもしれませんよ。


リターンパスをより詳しく

リターンパスのルールについて、下記、競技規則の文章中の「意図的に」の解釈について触れたいと思います。

ゴールキーパーがボールをプレーしたのち、相手競技者がプレー、または触れていないにもかかわらず、ピッチの自分自身のハーフ内で、味方競技者によって意図的にゴールキーパーに向けてプレーされたボールに再び触れる。

これを読むと、ゴールキーパーがボールをプレーした後に、相手競技者が触れていないにもかかわらず、味方のミスでたまたまゴールキーパーにこぼれてきたボールに触れることは問題ないようにとれます。しかし、これはリターンパスと判定されます。リターンパスをとられてしまう前の過程で、味方フィールドプレイヤーがボールをコントロールできる状態にあったと判断した場合、それは「意図的に」が成立することになります。


競技規則とは実に奥深いです。 文章を読むだけでは、解釈が難しい内容も多々存在します。 反面、知れば知るほどハマってしまう面白さがあります。 このディープな審判の世界に興味がある方は是非ご連絡お待ちしております。 ルールに関する、お問い合わせもどうぞお寄せください。

掲載協力:エフスポ

fspo

楽しい雰囲気を大切にする私たちの個人参加プログラム! 人と人とがつながるコミュニティーの場として 多くの方に親しまれています! 初心者も上級者も、男性も女性も、高校生もベテランも 垣根を越えて楽しめる個サルを目指して運営しています! 是非ともご参加ください!お待ちしております!

最新コラム

一覧へ