PKでパスしてもいい?[フットサルのルール解説]

基礎知識|2019.05.15

PKでパスしてもいい?[フットサルのルール解説]

今回の「フットサルのルール解説」は、PKでのパスについてです。[エフスポ提供]

  • ルール・マナー

フットサルのPKでパスをすることは問題ない?

サッカーの海外リーグやJリーグでたまに見る、試合中のPKでパスをするシーン。 フットサルでも同じことをしていいと思いますか?

答えは、OKです。

PKでは、競技規則上でも「ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる。」 という言葉通り、前方にボールを蹴ればゴールを狙う目的がなくても問題ありません。 もちろん有効なプレーかどうかは別として。。

167 (2)

フットサル特有の累積ファウルによる壁無しフリーキック(第2PK)ではどうでしょうか?

この時ならパスも有効だと思うかもしれません。しかし、それはできない競技規則が設けられています。

「キッカーが得点を狙ってボールを前方にけらなかったことが分かった場合、 ・主審、第2審判はプレーを停止し、試合を反則の起きた場所から行われる守備側チー ムの間接フリーキックで再開させる」

これにより第2PKの際は、きちんとゴールを狙う目的がなければ、相手チームのボールになってしまいます。

とてもコアな部分のルールですが、1day大会で場を盛り上げるためにPKでパスなんてのもアリではないでしょうか。 勝ち負けも大事ですが、まずは楽しむことが一番! きちんとルールを守った上で遊び心をもってプレーしてみてはいかがでしょうか?

掲載協力:エフスポ

fspo

最新コラム

一覧へ