スピード感抜群!関西らしさが見えた熾烈な争い「アイデムカップ2019大阪・和歌山大会」レポート!!

コラム|2019.09.27

スピード感抜群!関西らしさが見えた熾烈な争い「アイデムカップ2019大阪・和歌山大会」レポート!!

2019年9月13日にフットメッセ天下茶屋で開催された「アイデムカップ2019大阪・和歌山大会」のレポートをお伝えします!

  • アイデムカップ

活気あふれる大阪ならではの雰囲気!


9月13日金曜日の午前9時、どしゃ降りの雨の中、会場となるフットメッセ天下茶屋に参加チームが集まりだす。
幸いにも屋根のある施設のためプレーに支障はなく16チームが顔を揃えた。

関西地域の特徴でもある女子マネージャーの声援と視線に後押しされ選手たちは鼓舞するかのように華麗なプレーを見せる。
その中には昨年のFINAL出場経験のある近畿大学のチームや地域決勝セントラルへの出場を果たしたチームもあった。


ND5_8132

スピードを制するものが大会を制す!


予選リーグを終えてベスト8に名を連らねたのは大阪大学、関西学院大学、近畿大学、関西大学、桃山学院大学、大阪市立大学、立命館大学とバラエティに富んだ強豪が並ぶ。
11/17に開催する関西地域決勝セントラル大会に出場できるのは優勝、準優勝の2チームのみ。

その2席を狙うベスト4に進出した関西学院大学、近畿大学、桃山学院大学、立命館大学は、今大会でもスピード感のあるチームばかり。
パススピードと動きの速さ、どれをとっても『スピードが速い』関西らしいチームの争いは、近畿大学ALMAと立命館大学FC dondonの2チームの決勝戦となり、セントラル大会への出場を決めた。

この決勝戦はまさに関西スタイル!球際のプレスに動じない強いメンタルと、とにかく速い動き出しを見せる両チームはそれぞれ決定機をつくるものの決めきれない。
動きが遅れた時、決めきれなかった時にはベンチから叱責ともとれる激しいコーチングが入るのも関西ならではである。
前半を0-0で終えコートチェンジのみのハーフタイムでも両チームは動きの確認のミーティングのためピッチに戻らない。

審判に促されて後半がスタートするとゴレイロからのコーチングやパスを要求するFPの声が一層高まる。そんな中、近畿大学ALMAがピヴォ当てから右サイドに流しての強烈なゴラッソで先制点を挙げる。
何とか同点に追いつきたい立命館大学FC dondonは気の焦りもあったかゴレイロが痛恨のクリアミス!
ゴール前に詰めていた近畿大学ALMAのFPがこれを見逃さずゴールに押し込み2-0。
手を抜かない決勝戦は昨年のファイナリストでもある近畿大学ALMAが優勝を決めた。

すべてにおいてスピードが速い関西スタイルを見せつけられた今大会。今シーズンの強豪が集まる地域決勝関西セントラルが今から楽しみだ。


ND5_9131

ND5_9319

大阪・和歌山大会の結果


参加チーム数:16チーム
参加学生数:116名+応援18名=124名

優勝チーム(関西セントラル出場):近畿大学ALMA
準優勝チーム(関西セントラル出場):立命館大学FC dondon

参加学生所属大学:関西学院大学、関西大学、立命館大学、大阪府立大学、近畿大学、大阪市立大学、大阪教育大学、同志社大学、大阪大学、大阪大谷大学、大阪産業大学、桃山学院大学


5F82E3C9-FFE1-4CF0-9560-DCD635BEC3B8
優勝チーム(関西セントラル出場):近畿大学ALMA

E5B45F48-7D64-4CEB-84E1-53BF3BB4962C
準優勝チーム(関西セントラル出場):立命館大学FC dondon

参加チーム募集中です!!


「アイデムカップ」では、参加チームを絶賛募集中です!
レポートを読んで少しでも気になった方は、「アイデムカップ」のHPから今後のスケジュールをチェックしてください!!


ND5_8123

取材協力:「アイデムカップ」



タイトルなし

全国規模で開催される日本一を決めるフットサル大会「アイデムカップ」。
大学生のための「アイデムカップ」を開催し、 誰もが気軽に参加できるフットサルというスポーツを通じて、全国各地域での大学生同士の交流を力強く応援してまいります。


最新コラム

一覧へ