名門チーム復活 九州代表決定!「アイデムカップ2019熊本大会」レポート!!

コラム|2019.10.04

名門チーム復活 九州代表決定!「アイデムカップ2019熊本大会」レポート!!

2019年9月28日にカベッ熊本須屋スタジアムで開催された「アイデムカップ2019熊本大会」のレポートをお伝えします!

  • アイデムカップ

最後の切符を賭けた「ガチ」の戦い


九州地域での最後の大会の熊本大会には県内のほか、福岡県、鹿児島県、宮崎県、大分県の学生から参加エントリーがあり18チームが全国決勝FINAL出場をかけて集まった。
会場となる施設は屋内と言うこともあり、外気温30度の中、体感温度と湿度ははるかにそれを上回るコンディションの中で優勝を競う大会となった。

九州代表2枠の内、FINAL出場をすでに前回の福岡大会で決めている熊本県立大学と残りの1枠を争う今大会は文字通りラストチャンスとなり、予選リーグからガチな試合が展開された。


EB6CE3D2-6DCF-4309-BD38-85DEE6FF67F1

1DX_0198

ついに九州代表決定!波乱を起こせるか?


大会は熊本大学、福岡工業大学、九州国際大学、九州共立大学の4チームが予選リーグと決勝トーナメントを勝ち上がりベスト4まで進出。
注目の準決勝は【熊本大学HB】vs【九州共立大学FC Fuerza】と【福岡工業大学ファンタジア】vs【九州国際大学フットサル部】のカードが組まれた。

準決勝第一試合、チームのまとまりと雰囲気が良くメンバー内の声掛けで一発奮起する【熊本大学】と、プレーにしっかりとした形があり個のスキルが高い【九州共立大学】の対戦は1-4で九州共立大学が勝利し決勝戦へと駒を進めた。

続く第二試合、個のレベルは高いもののチームとしてのバラツキが見え隠れする【福岡工業大学】と、強度がありチーム連携の取れている【九州国際大学】の対戦は激戦の末、九州国際大学が1-2で勝利し、いよいよ決勝戦となる。

決勝に進んだ2チームはどちらもフットサルをプレーするチームで好勝負を誰もが予想していたが、試合が始まると九州共立大学のペースで時間が経過していった。
ファー詰めでの先制からすぐにゴール前の突破から追加点。ゴレイロもハーフラインをドリブルで超える動きからチャンスメイクをして前半終了時点で、九州共立大学が3ゴールを決めた。

後半に入っても、九州共立大学はボールキープ力と確実なゴール前の詰めに手を抜かない果敢な攻撃を見せ、さらに2点を決めた。
対する九州国際大学は見せ場をつくれずに5-0のスコアで九州共立大学FC Fuerzaが同大学としては2016年以来3年ぶりの全国決勝FINAL出場を決めた。

これで九州からの代表2チームが決定。昨年のFINAL出場経験のあるの熊本県立大学と復活した名門、九州共立大学の2チームが台風のごとく海を越えてFINALにやってくる。

九州に優勝トロフィーを持ち帰ることが出来るか? 九州男児のFINALでの活躍に期待したい。


1DX_0337

2DX_0856

熊本大会の結果


参加チーム数:18チーム
参加学生数:152名+応援13名=165名

優勝チーム(FINAL出場):九州共立大学FC fuerza
準優勝チーム:九州国際大学フットサル部

参加学生所属大学:熊本大学、熊本学園大学、崇城大学、熊本保健科学大学、九州産業大学、九州国際大学、九州共立大学、近畿大学、福岡工業大学、九州大学、宮崎大学、大分大学、鹿児島大学 他


5D4_0126
優勝チーム(FINAL出場):九州共立大学FC fuerza

参加チーム募集中です!!


「アイデムカップ」では、参加チームを絶賛募集中です!
レポートを読んで少しでも気になった方は、「アイデムカップ」のHPから今後のスケジュールをチェックしてください!!


5D4_0033

取材協力:「アイデムカップ」



タイトルなし

全国規模で開催される日本一を決めるフットサル大会「アイデムカップ」。
大学生のための「アイデムカップ」を開催し、 誰もが気軽に参加できるフットサルというスポーツを通じて、全国各地域での大学生同士の交流を力強く応援してまいります。


最新コラム

一覧へ