小町娘が大活躍!話題の「個サルのBonita」に行ってみた!

コラム|2019.02.14

小町娘が大活躍!話題の「個サルのBonita」に行ってみた!

“いま話題の「個サルのBonita」って知っていますか?”で紹介した「個サルのBonita」の個サルに行ってきました!どのような個サルを実施しているか詳しく紹介します。

ハイタッチ1-1

(2019年2月4日、アディダスフットサルパーク池袋)


まずはチーム分け!

チーム分け

開始前に、コート中央に集まり簡単なルールや注意事項を話した後チーム分けをします。今回の参加者は15名程度でしたので、3チームに分けました。チーム分けは円になって、番号を振っていきました。今回は2時間の個サルなので1時間ほど経ったところで、チームを組み直しました。個サル後のインタビューで分かりましたが、参加者の半数は、「個サルのBonita」の個サルイベントに初参加でした!リピーターと初参加の人数のバランスが良く、リピーターでも初参加でも気軽に参加できますね!

「個サルのBonita」式!ハイタッチでコミュニケーションをとろう!

ハイタッチ6

「個サルのBonita」では、得点した後にチームメイトのみんなとハイタッチをすることが約束事になっています。ですが、自らハイタッチしに行くのは、ちょっとハードルが高いと感じる方もいるでしょう。そこで「個サルのBonita」では、スタッフがコートに入ってきて自然とハイタッチの輪を作ってくれます!このハイタッチについて、参加者にインタビューしたところ

「初めて会う人とのコミュニケーションが積極的に取れる!」

「得点をした後に皆がハイタッチしてくれるから気持ちいい!」

など、明るい声が多かったです!

女性参加者のためには、女性スタッフが一緒にプレーしてくれます!男性の中にいきなり混ざるのはハードルが高いですが、これなら安心ですね。女性が参加しやすい個サルになっています!

女性スタッフの優しい声掛けで明るい雰囲気の個サル!

試合風景

個サルでは強いシュートなどはNGですが、個人の力量なので基準が難しいですよね。もし強いシュートがあった場合でも、女性スタッフの「やさしさくださーい!」など優しい声掛けで自然と明るい雰囲気の個サルにしてくれます!

スタッフに「良い個サルの時ってどんな時ですか?」とインタビューしたところ、「声を出してくれたり、盛り上げてくれる人が居たら良い個サルになるし助かります。」と答えてくれました!個サルはスタッフと参加者全員で作り上げるものだと改めて実感した瞬間でもありました。

首都圏にお住まいの皆様は、ぜひ一度「個サルのBonita」に、参加してみてはいかがでしょうか?

取材協力:個サルのBonita

bonita

個サルのBonitaは日本一楽しい個サルを目指して、池袋と川崎で個サルを開催しています。ゴールを決めると参加者みんなで称え合うのはもちろん、アテンダーのボニータガールズ&ボーイズから声援ももらえるという、とっても楽しい雰囲気の個サルを目指しています。

取材協力:アディダスフットサルパーク池袋

1763_17_203_1545374633658

[フットサルの楽しさと喜びをすべてのプレイヤーに」をコンセプトに、東急スポーツシステムが運営するアディダスとのコラボレーションフットサル施設です。

JR池袋駅東口を出てすぐ。ヤマダ電機屋上♪6Fフロントには更衣室・シャワー完備。レストランも充実しており、フットサル後に仲間とお食事も楽しめます。

スタッフ一同心よりお待ちしております♪

最新コラム

一覧へ