『世界で戦える選手になりたい』斉藤結(カティオーラALTY)【コートのマドンナ】

コラム|2019.05.20

『世界で戦える選手になりたい』斉藤結(カティオーラALTY)【コートのマドンナ】

大分県選抜としてベスト4に入った『カティオーラALTY』の背番号10を背負っている斉藤結選手に、普段プレーしているポジションやフットサル日本女子選抜に選出されたことなどについて伺いました。[ピヴォ×みんサル]からの転載記事

  • インタビュー
  • 女性

女子フットサルの魅力に迫る『コートのマドンナ』。
今回登場していただくのは、トリムカップで大分県選抜としてベスト4に入った『カティオーラALTY』背番号10、斉藤結選手です


1

―普段チームではどんなポジションですか?

斉藤:私が所属しているカティオーラALTYはサッカーとフットサルを両方やっているのですが、フットサルだと基本はアラです。ただセットの選手によってフィクソになったりと役割が変わる事があります。

2

―昨年はトリムカップでフットサル日本女子選抜に選出されましたね。

斉藤:はい、昨年はフットサル日本女子選抜に選んでいただき本当に刺激になりました。ただ同じ選出されていたメンバーがU-18に選出されてユースオリンピックで銀メダルを獲りましたが、自分は選ばれなくて、本当に悔しい想いをしました。

3
4

―是非自己アピールをして下さい。

斉藤:トリムカップを経験して、兵庫県選抜やフットサル日本女子選抜の代表選手とも対戦して自分はまだまだだという事を痛感させられました。この大会の反省を活かして、もっともっと成長して、いずれはフットサル日本女子代表に選ばれて、世界で戦える選手になりたいですので、是非応援してもらえると嬉しいです。

5
6

女子フットサルを多角的な視点で一味違った記事をお届けするWEBマガジン

最新コラム

一覧へ