『スペースを作ったり、ラストパスを送ったり、そういったところを見せられると良いな』杉原朋奈(Bepp)【コートのマドンナ】[ピヴォ×みんサル]

コラム|2019.06.17

『スペースを作ったり、ラストパスを送ったり、そういったところを見せられると良いな』杉原朋奈(Bepp)【コートのマドンナ】[ピヴォ×みんサル]

東海女子フットサルリーグ『Bepp』背番号19の杉原朋奈選手に、女子フットサルの魅力やご自身のことなどについて伺いました。[ピヴォ×みんサル]からの転載記事

  • 女性

女子フットサルの魅力に迫る『コートのマドンナ』。
今回登場していただくのは、東海女子フットサルリーグ『Bepp』背番号19、杉原朋奈選手です。

1

―所属しているBeppについて教えて下さい。

杉原:中学生の時、「大洋薬品/BANFF Feminino」で東海女子フットサルリーグに出ていたんです。その後、高校は聖カピタニオ女子高等学校でサッカーをやりました。大学生になった時、高校時代の仲間と一緒に作ったチームがMARSで今季から名前をBeppに変えました。

2

―女子のフットサルの魅力はどんなところにあると思いますか?

杉原:男子でも言える事ですが、個々の細かな技術等も面白いのですが、セットプレーやカウンター等から一瞬で得点が生まれ、攻守が目まぐるしく変わるので目が離せない所です。
私自身は周りを使って仲間の能力を引き出したりするのが好きなので、動いてスペースを作ったり、ラストパスを送ったり、そういったところを見せられると良いなと思っています。

3

―今年は社会人になりますが、フットサルは続けられそうですか?

杉原:実は名古屋を離れて静岡に就職する事になりました。せっかく自分達で作ったチームで昨年は全日本に出場もできたので、何とか続けられるように頑張りたいと思っています。

B44R0172-900x583
panna

女子フットサルを多角的な視点で一味違った記事をお届けするWEBマガジン

最新コラム

一覧へ