『いつも考えているのは予測するという事』石井直(カレビッチ愛媛レディース)【コートのマドンナ】[ピヴォ×みんサル]

コラム|2019.06.19

『いつも考えているのは予測するという事』石井直(カレビッチ愛媛レディース)【コートのマドンナ】[ピヴォ×みんサル]

四国女子フットサルリーグ『カレビッチ愛媛レディース』の背番号5、石井直選手に、女子フットサルの魅力やご自身のことなどについて伺いました。[ピヴォ×みんサル]からの転載記事

  • 女性

女子フットサルの魅力に迫る『コートのマドンナ』。
今回登場していただくのは、四国女子フットサルリーグ『カレビッチ愛媛レディース』背番号5、石井直選手です。

1

―フットサルをはじめたきっかけは何ですか?

石井:はじめは大学の男女MIXサークルでフットサルをやっていた時に隣のコートでやっていたのが、今所属しているカレビッチ愛媛レディースでした。その時に誘っていただき、本格的にフットサルをやる事になりました。 それが大学一年生の時でした。

2

―もともとサッカーはやっていたのですか?

石井:私は京都出身なのですが、バニーズ京都SC(現なでしこリーグ2部)のユースでサッカーをやっていました。

3

―女子のフットサルの魅力はどんなところだと思っていますか?

石井:自分のいる四国地域はあまりレベルが高くないのですが、地域で頑張れば全国大会に出場できて、更に全国で活躍するといろんな人に見てもらえて、つながりができる。それが自分にとってはとても嬉しい事でとても励みになり、もっとフットサル頑張ろうと思う原動力になります。

4

―自身のアピールポイント教えて下さい。

石井:よく特徴がない選手だと言われ得意なプレーとかはないのですが、いつも考えているのは予測するという事です。足も遅くて体も小さいので、予測して皆のカバーができるように頑張っています。是非会場に見に来ていただき、応援していただけると嬉しいです。

5
6

女子フットサルを多角的な視点で一味違った記事をお届けするWEBマガジン

最新コラム

一覧へ