コーチをよけてコーンにタッチ!トレーニング中に意識したいことは?(動画)【浦和レッズ・宇賀神友弥監修Esforço式トレーニング】[ピヴォ×みんサル]

コラム|2019.07.12

コーチをよけてコーンにタッチ!トレーニング中に意識したいことは?(動画)【浦和レッズ・宇賀神友弥監修Esforço式トレーニング】[ピヴォ×みんサル]

浦和レッズ・宇賀神友弥選手が主催する『Esforço football school』でトップスクールのコーチをしている犬丸さんに、ウォーミングアップなどでやるトレーニングについて紹介していただきました。[ピヴォ×みんサル]からの転載記事

  • 初心者

浦和レッズ・宇賀神友弥が主催する『Esforço football school』でトップスクールのコーチをしています犬丸です。みなさん、どんなトレーニングをしていますか? Esforço football schoolで行っているトレーニングをご紹介したいと思います。特別な器具を使わなくてもできますので、ぜひ試合前のウォーミングアップなどでトライしてみてください。

1

今回はコーンを使った練習です。

・ランダムに2色のコーンを配置
・色の順番を決めてコーンにタッチしていく
・チームに分かれてタッチするコーンの色を指定する

最初はウォーミングアップからスタートします。コーンを避けるように走ることから始めて、スキップやサイドステップ、バックステップなど様々なパターンで動いていく練習をします。

次はコーンにタッチをしてもらいます。この時も、最初は走りながらタッチをしていくから初めて、コーンにタッチをしたらスキップ、次のコーンにタッチをしたらサイドステップなど動きを変えていきましょう。

さらに、コーンを順番にタッチするルールに移行します。今回は用意した2色のコーンを、黄色→赤→黄色という順番でタッチをしてもらいましょう。もちろん、最初のウォーミングアップと同様に最初は走るだけ、次にスキップやサイドステップなどをします。

そして最後にコーチの登場です。コーチが触っているコーンにはタッチができない、というルールで進めましょう。

この一連の流れを理解してもらった後、いよいよボールを使って練習をします。コーンを避けるようにドリブルしてコーンにタッチ、ドリブルをしながらコーンを倒さないようにコーンにボールを当てる。また、コーチがディフェンスの役割をしてドリブルをしにくくさせるなど、コーンでいろんなバリエーションの練習をしましょう。

今回のトレーニングも、ぶつからないように『周りを見ること』が重要なポイントになります。ですが「周りをよく見て」という前に、「ぶつからないようにするには?」と質問を選手たちにしています。試合の時は自分たちで判断しなければいけない場面が沢山あります。ですので技術や体力づくりに加え、自分たちで『考える』ことを常に意識してもらうことが大切だと思います。

ぜひみなさんも、ゲーム感覚で練習から気持ちを上げて、自分たちで『考える』ことを常に意識してトレーニングも楽しんでください!

努力に勝る天才なし

浦和レッズ・宇賀神友弥のフットサル場

2

埼玉県戸田市南町10-13

JR埼京線 戸田公園駅西口から徒歩約12分

最新コラム

一覧へ