コラム|2018.11.27

木暮知彦のフットサル施設/クラブ訪問記 ミズノフットサルプラザ和田岬 編

久しぶりの訪問記となる今回は、この夏にオープンしたばかりのミズノスポーツプラザ和田岬に伺いました。

  • フットサル施設

ロマン溢れる神戸和田岬

当初、神戸和田岬と聞いたときは、なんとロマンチックな地名だろうと思い、是非訪れてみたいと思いました。

和田岬は大阪湾に突出する岬で神戸港の西に位置しています。 神戸が良港なのは和田岬が波を防いでくれているからだそうで、太平記によれば南北朝時代には湊川決戦の舞台となり、江戸末期時代は勝海舟によって高さ12mの砲台が建設され、和田岬灯台は1963年まで利用されていたそうです。


さまざまなスポーツが楽しめる総合施設 ミズノフットサルプラザ神戸和田岬

さて、目的のミズノフットサルプラザ神戸和田岬は、岬より手前のJR神戸市営地下鉄和田岬駅から徒歩3分にところにあります。三ノ宮からは地下鉄で5駅程度のアクセスしやすい場所です。
地下鉄駅から施設へ向かう途中には三石神社があり、この神社の歴史は古く、推古天皇の頃に遡るそうで、ここでもロマンを感じました。

三石神社を過ぎると右手にミズノフットサルプラザ神戸和田岬が見えてきます。ゆったりとしたエントランスがあり、そこからフットサルコート3面が広がっています。その他にも屋内外テニス2面、室内卓球場、ボルダリングなどがあり、さまざまなスポーツが楽しめる複合スポーツ施設になっています。

20181127_3

クラブハウス横には駐車場も十分確保されており、館内のフロントも広く綺麗です。この素晴らしい施設は2018年7月にオープンしたばかりですが、神戸市の中央水環境センター・中部処理場跡地の再開発の一部として建設が進められたとのことです。

さらにこの施設の近くには、最近イニエスタで脚光を浴びているJ1ヴィッセル神戸のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」や、付近のポートアイランドには「ワールド記念ホール」があります。「ワールド記念ホール」といえば、2007年、2008年とフットサル日本代表のアルゼンチン代表戦やウクライナ代表戦が行われた会場でもあり、この神戸港沿岸エリアはサッカー、フットサルの街のようです。


ミズノスポーツプラザ神戸和田岬

おすすめコラム

全てのコラムを見る