基礎知識|2018.12.03

フットサルで知っておきたいルール!ゴレイロ へのバックパスと第2PKとは。

フットサルにはサッカーとはちょっと違ったルールがいくつかあります。今回はゴレイロへのバックパスと第2PKの2つをご紹介します!フットサルを観戦したり、大会に参加する人は必見です!

  • ルール・マナー
  • 初心者

ゴレイロへのバックパス

バックパスとは後ろに下げるパスのことを指します。中でもゴレイロに下げるパスには注意が必要です。
フットサル競技規則に記載されている「間接フリーキックを与えるファウル」には「ゴールキーパーがボールをプレーしたのち、相手競技者がプレー、または触れていないにもかかわらずピッチの自分自身のハーフ内で、味方競技者によって意図的にゴールキーパーに向けてプレーされたボールに再び触れる」と記載されています。 これだけの説明では、少し難しいですよね……。
簡単に説明すると「ゴレイロがボールを意図的にコントロールできるのは一回だけ!」です。

ただし!次の場合はもう一度触ることができます。
・相手チームの選手が触った後
・ゴレイロ自身がハーフラインを越えてボールを受ける場合
基本的にゴレイロは一度ボールを意図的にコントロールしたら二度目は触れることができません。しかし、一度でも相手がボールを触ればリセットされ、もう一度ゴレイロを使うことができます。
また、ゴレイロ自身が相手陣内まで侵入したときは、このルールは適用されなくなり、相手陣内では何回でもボールを触ることができます。
このルールを反則してしまったらその場から間接フリーキックが相手に与えられます。
難しいかもしれませんがプレーしながらでも覚えていきましょう!

フットサルならではの第2PKとは?

第2PK加工画像

エンジョイの大会などではあまり使われませんが、フットサルならではのルールとして第2PKというものがあります。画像は、PKと第2PKのポイントからの目線です。PKはゴールまで6mで、第2PKはゴールまで10mとなっています!
・いつ第2PKが与えられるの?
まず、直接フリーキックとなるファウルをした時にファウルがたまります。ファウルの回数を数えることを、ファウルカウントといいます。ファウルカウントが5個たまると5ファウル(ファイブファウル)になります。そして6回目のファウルから第2PKになります。

ここで注意しておきたいのが、ファウルカウントがリセットされるのは前半終了時だけです。なので、第2PKを蹴ったからと言ってファウルカウントがリセットされることはありません。一度5ファウルになってしまったら、前半終了か試合が終了するまではリセットされません。

プレーしながら覚えていこう!

少しは理解できたでしょうか。文面で見ると難しく感じてしまいますね。やりながら覚えていけば、さほど難しい内容ではありません。バックパスも第2PKも大会のレベルによっては、適用していない場合、ローカルルールで採用しているところもあります。
ある大会では三つ目のファールから第2PKになる。などのローカルルールもあるので参加前によく確認して大会に臨みましょう!

おすすめコラム

全てのコラムを見る