基礎知識|2018.12.27

知るだけであなたもイニエスタに!?正確なキックを蹴る秘訣

フットサルは初心者でも始めやすく、上達しやすいスポーツだと思います。しかし蹴り方がいまいちわからない方もいるのでは?
今回は知るだけで蹴り方が上手くなる秘訣をお伝えします!

  • 個サル
  • 初心者

インサイドキック

インサイドキック

最初に、基本中の基本であるインサイドキックについて解説します。

「インサイド」とあるようにインサイドキックは足の内側で蹴ります。このキックを使うときは、正確なパスを近距離に出したい時です。まずはこれをマスターしましょう!
ボールを当てるのは写真の赤丸の位置です!ちょうどくるぶしと土踏まずの間くらいですね。
そこで蹴るとボールが正確に転がります。

そして、以下の二点も意識しましょう!

・軸足(写真で言う左足)は、パスを出す方向に向ける。
⇒パスを出したい方向に軸足のつま先を向けると蹴りやすくなります。

・蹴り足の足首は固める。
⇒蹴り足の足首に力を入れると、ブレないので強いボールが蹴れます。

インステップキック

「インステップ」には、「足の甲」という意味があります。文字通り足の甲で蹴る蹴り方です。
このキックを使うときは、遠くに蹴りたい時やより強いシュートを打ちたい時です。

足のどこに当てるかは、もちろん足の甲です!ボールの下を蹴れば上に飛びますし、強いシュートを打ちたいのであればボールの真ん中を蹴ればまっすぐいいシュートが飛びます!

そして、以下の二点も意識しましょう!

・ボールの下に足を滑り込ませる。
⇒体を斜めにすることで、ボールの下の足が入りやすいです。

・蹴り足はピーンと伸ばして力を入れる。
⇒ボールの下に足を入れるには、足首を伸ばす必要があります。

この二点を意識して練習するだけで上達すると思います。
インサイドで蹴れるようになったら、インステップで蹴ってみましょう!

インステップは比較的強いボールを蹴れますが、エンジョイの個サルでは強いシュートなどを打つのは禁止になっていることが多いのでご注意ください!

インステップのコツ

インステップ

インステップは、インサイドよりも難易度が高く苦戦する方も多いかと思います。このため、インステップを蹴る際には写真のように身体を斜めにするといいです。なぜかというと、ボールの下に足が入りやすいからです。人工芝では、芝の上にボールが乗っているため、体をそこまで斜めにしなくても遠くに飛ぶかもしれません。

基本的な二つの蹴り方をマスターして、使い分けていきましょう!

おすすめコラム

全てのコラムを見る