戦術・テクニック|2018.12.21

知れば差がつく動き方!「パラレラ」の動きでボールがもらいやすくなる

フットサルはコートが狭い分、相手のマークを外す動きが重要になってきます。
今回は、個人の動きに注目します。
この動きをするだけで、今までよりもボールがもらいやすくなること間違いありません!
ここでは、基本的な「パラレラ」の動きについて解説します。

「パラレラ」ってなに?

「パラレラ」とはポルトガル語で「平行」という意味があります。「パラ!」なんて略されたりしますね。では、平行とは何なのでしょうか?

「パラレラ」という動きは、サイドラインと平行に出されたボールを受ける動きのことです。パラレラを三枚のスライドとともに説明します。

パラレラの基本的な動き

1. フィクソの選手がアラの選手にパスを出します。

パラレラ1

2. 先ほど1でパスを出したフィクソがボール側に寄り、途中で縦方向に方向転換します。この時、ゆっくり走ってから速いスピードで縦に方向転換すると、マークが外れやすいです。それと同時に、ピヴォの選手はスペースを空けましょう。

パラレラ2

3.フィクソは相手の前に入りマークを外して、ファーに詰めているピヴォに合わせましょう!

パラレラ3

知るだけでも上手くなる!

いきなり「パラレラ」をマスターすることは難しいですが、挑戦しながらコツを掴むと徐々に上達すると思います。動きを知っているだけでも、相手が「パラ!」と言えば動きが読めてディフェンスが楽になりますよね。フットサル用語は他にもありますが、少しずつ覚えていき、身につけていきましょう!

おすすめコラム

全てのコラムを見る